英会話の勉強法(TOEIC・TOFLE対策)

野村克也さんの新刊 凡人を達人に変える77の心得
今日から仕事で使える心得がまとまっています

電子書籍内の特典URLからお申込みいただくと、
野村克也さんとの対談動画をご覧いただけます。

対談動画は一定期間後、非公開になります。



TOEICスコアと英語習熟度

TOEICは受験者の英語コミュニケーション能力をスコアで評価しており、成績は10点から990点まで5点刻みで付けられます。このため、TOEICのスコアがどの程度のレベルを示しているのかを知ることは、自身の英語能力を客観視する上でとても大切なことです。

 

TOEICを開発・製作しているETSではコミュニケーション能力とTOEICスコアとの相関性に関する検証調査を実施し、その結果を、TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表として公開しています。

 

この中でETSは英語の習熟度(Proficiency)をA?Eの5段階に分け、それぞれ次のように評価しています。

 

【E】 860?990点

 

Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。

 

【D】 730?860点

 

どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。

 

【C】 470?730点

 

日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる。

 

【B】 220?470点

 

通常会話で最低限のコミュニケーションができる。

 

【A】 10?220点

 

コミュニケーションができるまでに至っていない。

 

 

TOEIC受験者の平均スコアは大体580点?590点前後、レベルCの「通常会話と一般的な場面における意思疎通に差し支えない」程度ですが、
英語を使用する業務に就くためには、最低でも730点は必要とされています。

 

このように、スコアから正しく自身のレベルを認識し、妥当な数字目標を設定することがTOEIC学習の第一歩となります。

21歳でTOEFL世界第3位の語学能者が英語弱者の大学受験生のためにオリジナルで開発した
「英語長文問題のほんとうの解き方」(LSAT式)の基本書!
一日1時間、最長でも30日間読むだけで、本番・模試で時間と気持ちに余裕を持って正解するための体系的テクニック、「大学受験LSAT式英語長文問題速解法 基礎完全マスターIN PUT編」